真福寺の歴史

創建年

山号を「實相山」、寺号を「眞福寺」と言います。

諸説ありますが、江戸時代にあたる寛永12年(1635年)に新徳寺(春日井市上田楽)第2世の荊洲和尚によって開山されました。ご本尊のお仏像は鎌倉時代からすでに下末の地に存在すると伝えられ、観音さま信仰の霊場に寺院を建立したと考えられます。

現在の伽藍ですが、庫裡は昭和9年に再建、山門は昭和45年に再建、本堂は昭和47年に再建されました。

ご本尊「観音三尊」

【秘仏・年一度の御開帳】

観音三尊とは、ご本尊の聖観世音菩薩(観音さま)を中心に、脇仏として不動明王・毘沙門天をお祀りした形です。三体の立像がそろっている寺院は珍しいです。

観音三尊像は秘仏ですが、毎年11月の観音さま縁日に御開帳をいたします。

秘宝「円空仏」観世音菩薩像【非公開】

小牧市内の寺院で唯一、円空上人が制作した仏像「円空仏」を所有しています。しかしながら、正確な年代を裏付ける資料は残っていません。

円空上人は全国を行脚されたことで有名ですが、1670~80年代に名古屋市守山区や春日井市を訪れている記録があります。下末の真福寺にもちょうどこの年代に訪れ、ご本尊と同じ観世音菩薩像を制作したのではないかと推察されます。

歴代住職

荊洲和尚は創建に関わった人物ですが、初代住職は祖繁という僧侶だと伝えられています。第10世より妙心寺派の法系を継ぎ、禅宗の教義を今日まで受け継いでいます。

当代は平成26年(2014年)より第14世として就任し、歴史と伝統を守っています。

臨済宗の教え

「おかげさま」と感謝の気持ちを持ちつづける

仏教とは「命の尊さ」を説く教えです。

人間は一人だけでは生きていけないので、家族・社会の人々の中で「生かされている」のです。

今この瞬間を生きている命に「おかげさま」と感謝の気持ちを持つことが最も大切なことです。

臨済宗の祖師

仏教を開いたのは「お釈迦さま」です。インドの王族から出家をし、坐禅修行を経て世界の真理をお悟りになった方ですので、臨済宗のご本尊としてお祀りしています。

中国で禅宗を大成したのが「達磨大師」です。縁起物の赤いダルマのモデルにもなっていますが、面壁九年(壁に向かって9年間)の坐禅の逸話が有名です。

本山である妙心寺の開山(妙心寺派の開祖)は「無相大師」です。花園法皇の勅願によって花園御所に禅寺を創建しました。

大本山 妙心寺

建武4年(1337年)創建、京都最大の禅寺です。

詳細はHPをご覧ください。

大本山 妙心寺 公式HPへ移動